どうして便秘が起こるの?

便秘の種類

 

便秘

便秘になると、頭もスッキリしなくて仕事が捗らなかったり、食事を楽しむことができなかったりしますよね。ぽっこりお腹になって体型が崩れることもありますし、気分的にも体調的にもツライですね。

 

便秘は大きく分けて2つの種類に分けられます。自然に回復して自分でケアできる機能性便秘、他の病気が原因となっている器質性便秘です。器質性便秘の可能性がある場合は早めに病院にかかった方がいいのですが、機能性便秘は体操などで解消することができます。

 

機能性便秘も急性便秘慢性便秘に分けることができます。急性便秘は環境が急激に変わることでストレスを感じたり、食事などの影響や水分不足などが原因とまります。ストレスの原因を取り除くことで簡単に解消したり、栄養のバランスに気をつけた食事や、適正な水分量を補給することで便通が回復することもあります。どちらか言うと短期間に起こる便秘ですね。ただ急性便秘をそのまま放置していると慢性化する可能性もあるので、早めに原因を追及して対策したいですね。

 

慢性便秘を解消するには運動が効果的

 

慢性便秘は、大腸が衰えて蠕動運動が弱くなって便の排出がしにくくなる弛緩性便秘、身体的ストレスが原因で腸が痙攣して下痢と便秘を交互に繰り返す痙攣性便秘、排便を我慢しすぎて適切なタイミングに排泄することができなくなる直腸性便秘に分けられます。この中でも弛緩性便秘は、運動をすると効果的です。女性や年配の人はこの弛緩性便秘が多いので、筋力の衰えを体操すること便秘を改善することができます。

 

お腹の筋力の衰えが便秘を引き起こす

 

お腹の筋力が弱まると排便をするときに力むことができませんし、姿勢も悪くなることで腸の位置が下がってしまい、ぽっこりお腹になってスムーズな排泄ができなります。力んでいても便を押し出すほどの力が出ていなかったり、呼吸が浅くなったりしていますので、腹筋を鍛えて、正しい姿勢を取れるようになると、至便に便意を感じるようになります。

オススメの腹筋運動

シンプルな腹筋

 

仰向けになって上半身を起こすスタンダードな腹筋運動で、みんなが思い浮かべる腹筋運動はコレだと思います。シンプルな運動ですが、ピンポイントでお腹を鍛えることができるので、運動をしているうちに腸が動き出すのを感じる人もいるほどです。

 

蠕動運動が起こると、腸がきゅるきゅるとなりますのですぐに分かりますが、おへその両わき3pぐらいの位置を押しながら粋を大きく履気ながら腹筋をすると、腸の動きを感じやすくなります。

 

足上げ腹筋

 

足上げ腹筋は、スタンダードな腹筋運動よりも負荷が大きくなりますので、より筋力アップできるトレーニングです。一時期だけ便秘を解消するだけでは意味がありませんので、継続して腹筋を鍛えて、便秘を繰り返さないようにしなければいけません。そのためにより効率よくトレーニングする必要がありますね。足上げ腹筋をしながら同時に上半身も起こすことで腹筋全体を鍛えることができます。

 

赤ちゃんのポーズ

 

仰向けにねそべり足を抱え込むようにカラダを丸めて、そのまま制止をします。息を吐きながら丸まって、制止して息を30秒止めてから、本の体勢に戻ります。簡単そうですが、意外と腹筋がキツいことがわかります。

 

縄跳び

 

腹筋と背筋に効果がある縄跳び。リズミカルに飛びながら、なるべく縄の回転を速くして、お腹に力を入れながら飛ぶと効果が高まります。

 

ヨガ

 

ヨガ

ヨガは腹筋を鍛えるイメージは少ないですが、インナーマッスルを鍛えるポーズがいつくかあります。難易度の高いポーズはやはり初心者では難しく感じますので、簡単なものから取り組みたいです。

 

足上げ腹筋と、上半身を上げた腹筋を同時に行うようにして、横から見るとV時になるような状態で静止します。両手を前に出して、床に対して平行になるようにします。これは初心者でも十分にできるポーズですが、しっかりと腹筋を鍛えることが出来ます。

便秘にならない生活習慣

便秘になってから一生懸命便秘改善を考えますけど、まずは便秘にならないことが第一です。便秘になってからは運動をするなどの対策をしますが、普段から生活習慣を見直して、便秘になりにくいカラダを意識することが大事ですね。

 

姿勢が悪くならないように意識する

 

姿勢が悪くなると、筋力が衰えやすくなりますし、腸の血行が悪くなります。お腹が冷たい人は、腸の活動が低下しているかもしれません。腸が冷えていると便秘だけでなく、いろいろな病気の原因となりますから、お腹周りを意識した姿勢を常にここを崖手ください。

 

呼吸を深くリズミカルに

 

腹筋が衰えてくると姿勢が悪くなり、姿勢が悪くなると腸が冷えやすくなり、呼吸が浅くなります。どこか意識することで流れが変わりますので、全体に効果があります。腹式呼吸で深い息をする癖がつくと、腸がぽかぽかと温まります。

 

水分を十分に補給する

 

自分では水分を摂っているつもりでも、以外と水分不足の状態だったりします。1日1500ミリリットルから2000ミリリットルくらいを目標に水分摂取するといいですね。

 

健全な腸内環境を意識した食事を心がける

 

腸内環境

腸内の酵素が健康に大事だと注目を集めています。ダイエットサプリなどでも酵素に着目したものが多くあります。腸内フローラを育てるために、普段の食生活を見直していくと、便秘になりにくくなります。

 

お肉や脂の多いもの、砂糖をたくさん使ったお菓子などは、腸内の環境にはあまり望ましくないです。悪玉菌を増えるとガスがたまってお腹がはりますし、蠕動運動が弱まってしまいます。便秘になりにくいポイントは腸の善玉菌を育てる食生活が大事になります。

 

ダイエットエステでも腸内環境を整えることが大事だと言われます。サプリを飲むように案内されたり、腸内環境を整えるための食事指導があったりします。人気のライザップなどでも、腸内環境を整えることに重きをおいていますよ。≫≫≫エルセーヌ 口コミ

 

ストレスを溜めない

 

ストレスは便秘の原因になりますので、ストレスを感じる状態で便秘になっていると感じたら、休みをとったりしてリラックスした気持ちを取り戻したいですね。気持ちもカラダも大事ですから、追い込まれた状態であると感じていたり、時間に追われていたりすると便秘になることが多いです。

 

睡眠を十分に取る

 

睡眠不足になると腸の働きが鈍くなりやすくなります。睡眠時間を取っていても、夜遅い時間に寝て、朝はゆっくり起きているような生活よりも、規則正しい時間で睡眠を取った方がいいです。夜中に何度も目が覚めたりしては眠りの質が悪くなりますから、寝やすい環境を整えることも忘れてはいけませんね。

 

筋肉の衰えや普段の生活の積み重ねで慢性便秘になったりします。腹筋運動をして筋力アップすることも大事ですし、運動をするなどしてカラダを動かすのも効果があります。

 

これを日課にしてしまえば、便秘の解消だけでなく、便秘になりにくいカラダを手に入れられますので、毎日の心がけを大事にしたいですね。